カシミアは中国とモンゴルの砂漠地帯に生息するヒルカス山羊からの採取した砂漠地帯の気候から身を守るためのアンダーフリース(下毛)です。アンダーフリース(下毛)は櫛で梳いて一頭につき150gから200g採取します。この繊維から、油脂、ほこりと剛毛を取り除くと、製品としてのカシミアができます。山羊1頭あたり500gの繊維が、最少で150gとなり、一枚のセーターを作るにはヤギ約4頭分の毛が必要となり、手間がかかり生産量が少ないため高価となります。世界の生産量は約6500トン/年と推定されています。肌触りの良さと希少性から高級素材として人気が高いが、識別方法の難しさから羊毛などを混ぜるインチキや偽装が後を絶たず、「流通量は生産量の4倍」と言われています。
P1120541
「Cashmere is Loropiana」より抜粋 カシミア山羊

そのような状況のもと、ロロピアーナ社は純正でかつ最高のカシミア原毛を確保するため、北京とウランバートルの二カ所にカシミア買い付けのための現地法人を設立しています。ウランバートルの現地法人はロロピアーナが購入したカシミアのロット一つ一つに対し電子精密機器により徹底した品質検査をおこなっています。北京の現地法人では原産地が中国という特異性の中で良いカシミアの買い付けを可能にするため中央政府と密接な関係を保っています。またロロピアーナモンゴリアというカシミア原毛刈り取り専門プラントを設立、カシミア紡績工程の第一段階を直接管理する体制を整えています。
P1120538

「Cashmere is Loropiana」より抜粋 すべてのカシミア原毛のベール(俵)から検査用サンプルを採取し、電子精密機器によりバッチ検査を行う。検査に通ったベイル(俵)のみCONTROLLED BY LORO PIANAという判がおされる。

このような「純正さ」「高品質」を自社で管理する努力はラグジュアリー素材に扱う場合とても重要で、ロロピアーナ社のカシミアが世界最高であるという理由となっています。紳士服地にタバコ屋の名前をとってつけたライセンスブランドのようなマークを付けるだけのブランドではなく、つねに生産地の現場にコストをかけているという実績がロロピアーナ社カシミアの素晴らしさを物語っています。

毎年のようにカシミア素材の価格は高騰していますが、手触り柔らかく、着心地軽やかで、高貴な艶をもつロロピアーナのカシミアはラグジュアリーな素材を愛する方々に変わらず愛好されています。オーダーサロンタナカは今年2014年も思い切って、ロロピアーナ社カシミア100%ビーバー370g-390gブラックを一反買い付けました。この素晴らしいカシミア100%素材のコートの着心地を味わっていただくためスペシャルプライスでオーダー承ります。
2014/11/13 すべて完売いたしました。

コート素材の中でもカシミア100%の表面に波のような毛足のあるビーバーはノッチラペルのチェスターフィールドに合う素材だと言えます。ビジネスにもフォーマルにも素敵なレストランやシアターにお出かけの際などに着るエレガントなアウターです。いまトレンドのコート丈85cm〜90cmくらいで細身のラインで仕立てるとツヤのすばらしい美しいコートとなります。
22着の数量限定なのでお早めに。
P1120547
本当の高品質が約束されたロロピアーナのカシミア100%コートを着てみませんか?