本日はフォーマル素材について。ドーメル社からリリースのエクリプスブラック無地をご紹介いたします。super150ウール90%シルク10%、1mあたり250gのライトウェイトな目付で綾織(ツイル)ですから冬から初夏まで着用できる10マンス素材。ツヤがとても美しい英国で織られたスーツ素材で、色合いは濃すぎないナチュラルブラック無地。フォーマルにはもちろん、濃すぎないナチュラルブラック無地なのでビジネスに着るブラックスーツにもいい素材です。

ドーメル エクリプス
made in England
ナチュラルブラック無地
super150ウール90%シルク10% 250g/m
スペシャルプライス オーダースーツ価格75000円(税込)

ツヤのあるブラック素材への質問に対するお答え

ツヤのある黒無地はもちろん結婚式の披露宴、パーティなど喜びの席には良いと思いますが、お通夜、告別式など悲しみの席には向かないのではという質問をいただきました。
ツヤのあるシルクは高貴な繊維で、ツヤのあるブラックを着ることで参加した「式典をリスペクトする」という意味があります。自分を主張することなしにあくまでその場・式典を尊敬する心がフォーマルの基本です。ですから黒無地のツヤのある素材をお通夜、告別式などに着ることは問題はないと考えています。
ただ悲しみの席には胸にポケットチーフは挿さないように、そして黒のネクタイをディンプルなしで締めてください。

ビジネス&フォーマル兼用仕様 フォーマル専用仕様

もしビジネスとフォーマルと兼用に着るとするならオーソドックスで汎用性の高いシングルノッチラペルが良いでしょう。フォーマルに使う機会があるならパンツのすそはシングルがベター
フォーマル専用にするならシングルピークラペル、ワンボタン、ノーベント、そして脇ポケットはフラップなしが王道で冠婚葬祭すべてに着用できます。

シングルピークラペル

冠婚葬祭の「略礼服」専用なら御幸毛織がおすすめ

フォーマルとビジネス兼用ではなく、フォーマル専用の「略礼服」「喪服」をあつらえるなら、特に深い黒スーパーブラックで知られる御幸毛織のブラックをおすすめします。まさに「漆黒の黒」織りは、ツイルよりしっかりした朱子織(しゅすおり)のタキシードクロス。目付は堂々の390g/mです。ホコリのつきにくい静電防止加工もついています。

御幸毛織 タキシードクロス スーパーブラック無地
made in Japan  ウール100%( 厳密には静電防止繊維が1%未満で入っています)
オーダースーツ価格78000円(税込)

まさに漆黒 ミユキ王道のフォーマル。
比較画像 左DOUMEUIL ECLIPS 右MIYUKIスーパーブラック