昨日も書きましたが、金曜日のエルメネジルド・ゼニアのランチパーティを主目的として、久しぶりに新幹線に乗り東京へ木曜日の午後からでかけました。

永田町のロロピアーナ社に伺い、秋冬素材の打ち合わせをした後、旧友タカシとビールの注ぎ方が絶妙な新橋「ビアライゼ」で会い、カンパイ。その後名古屋にはない料理、「煮込み」(モツ煮込み)の店でホッピーをいただきました。一緒にいったイタリア旅行の話など懐かしい話をたくさんして、締めに軽く、ショットバーで一杯だけひっかけお開きだと思ったら、最高の肝臓を持ち、最高の勧め上手のタカシくんのおかげでハイボールをたぶん5〜6杯は飲んだと思います。さらにマスターのおごりでストレートでぐっと2ショット。全身にアルコールを行き渡らせながら久しぶりのへべれけモード。

氷で冷やしたビアライゼさんの生ビールいと旨し。
新橋の横丁でホッピーとともにいただく煮込みは名古屋にはありません。
この夜のシメはなぜか大原麗子の「麗の雫」をストレートでキュッと2杯。
おおなんだこのフィールドの景色は!と驚く。日本青年館はいいホテルでした。

その日宿泊の日本青年館ホテルのフロントに着くと窓からの景色にびっくり。カクテル光線に映える神宮球場のフィールドが目の前に。そしてコンパクトながら清潔な部屋に満足して眠りにつきました。

朝起きるとまだしっかりアルコールが残っていましたが、タカシとの楽しい会話のせいか二日酔いに有りがちな頭痛も無く、ホテルの朝食も美味しくいただきました。

しっかりアルコールを抜いてからランチパーティーに望みたかったので朝熱いお風呂に入った後、赤坂までの3キロを小雨の中ですが、徒歩で行くことに。日本青年館ホテルをでると昨年オリンピックが行われた新しい国立競技場がすぐ近くだということに気づきました。昨年夏のオリンピックは無観客だったからからか自分としては印象が薄く、今となっては開催されたことも忘れていました。神宮球場、絵画館、外苑前、青山通りなど緑豊かなエリアを小雨ながら爽やかな5月に歩くとアルコールも身体から抜けていくのを感じました。午後2時には新幹線に乗り、帰途につき久しぶりの首都滞在24時間となりました。

日本青年館ホテルを左に行くと新しい国立競技場。
聖徳絵画館から外苑前までの美しい銀杏並木。