秋冬のスーツ、ジャケットにあわせてオーダーシャツはいかがですか。身体に合ったシャツはスーツ姿をさらにかっこ良くひきたてます。

着るスーツに合わせてシャツのストライプ巾を選んでみましょう。スーツ、シャツ、ネクタイのストライプ巾の太さが重ならないようにするのが最大のポイントです。例えばスーツ太巾、シャツ細巾、ネクタイ無地というように。慣れてくるとコーディネイトもそんな難しいものではありません。もう一つ、昔から言われていることですがチェックにチェックはやめた方がいいでしょう。下のインポートコレクションの写真にコーディネートの解説を付けました。

10月2日(日)までの期間限定で滑らかな表面感と発色の美しさで人気の100番双糸カリビアンコットンオーダーシャツを10500円(税込)(通常価格13650円)にいたします。

期間中はこれ以外にも下記のオーダーアイテムが通常価格より3000円引きになります。
・120双カリビアンコットンオーダーシャツ
(通常価格15750円が12600円に
・ホワイトナイルオーダーシャツ
 (通常価格12600円が9450円に
・カノコ素材オーダーシャツ
 (通常価格12600円が9450円に

もうひとつ。ヨーロッパからのインポート素材はより出来上がりのシャツをイメージできるように現物を30点用意しました。 通常価格16800円(税込)が13650円(税込)になります。下の写真がそのコレクションの一部です。(首周りサイズ45cm 裄丈88cm以下の方に限ります。)

P1080506

当店に入荷した現物のシャツ素材の一部

P1080522
S.I.C. Tess社 イタリー 細巾ストライプや無地スーツにすてきです。

P1080523

サックス無地はクラシックスーツには一番良く合う必須アイテムです。

P1080527

サックスのストライプ、無地か2.0巾以上のストライプに合わせて

P1080529

サックスのヘリンボンもオールマイティです。趣味の良さがうががえます。

P1080530

パープル細ストライプ(バストンチーノ) 1.0を越えるストライプならこれが良いでしょう。パープルは濃紺を引き立てます。

P1080531

小柄のギンガムならストライプ、無地のスーツに合います。ちょっとお洒落な雰囲気を出すときに。