鈴木アデックスの社長、鈴木康仁さんは高校のひとつ上級生。鈴木さんとぼくは思い出がある。

1974年の夏、福島県郡山市内の開成山競技場で日本最大のロックフェスティバルがあると聞いた。ウッドストックに強く憧れていたぼくは鈴木さんともうひとりの先輩を誘って郡山に向かう事にした。期間は8月4日〜5日 8日〜10日という長丁場でそのフェスティバルの間、テント村が出来ると聞いたので、費用を抑えるため野外で寝る事にした。もう気分は完全にヒッピーもしくはフラワーチルドレンである。行きの名古屋東京は深夜の高速バスドリーム号にのり上野郡山は鈍行列車で向かった。
出演バンドは下記の通り

あんぜんバンド
イエロー
異邦人
ウエスト・ロード・ブルース・バンド
上田正樹&サウス・トゥ・サウス
内田裕也&1815ロックンロール・バンド
オリジナル・ディラン
かまやつひろし
クリス・クリストファーソン&リタ・クーリッジ
神無月
キャロル
久保田麻琴と夕焼け楽団
クリエーション
グレープジャム
外道
サディスティック・ミカ・バンド
沢田研二&井上堯之バンド
サンハウス
シュガー・ベイブ
センチメンタル・シティ・ロマンス
ダウン・タウン・ブギウギ・バンド
つのだひろ&スペース・バンド
トランザム
南無
はちみつぱい
ブルースハウス・ブルースバンド
ミッキー吉野グループ
宮下フミオ
めんたんぴん
ヨーコ・オノ&プラスチック・オノ・スーパー・バンド (→プラスティック・オノ・バンド)
四人囃子
ラヴ
りりぃ
VSOP

ソウルパワー
TECS-12601
横尾忠則が書いたワンステップフェスティバルのポスター

はっぴいえんどはもう解散していたが当時の日本のロックバンドがすべて網羅されていたといってもいい。 そして外国からはクリスクリストファーソンとリタクーリッジ、そしてオノヨーコ。そのオノヨーコってのがみそでもしジョンレノンだったらこの10倍の人がきたはずだ。オノヨーコがステージに立った時、「ジョンレノンも成田まで着ましたが官憲に追い返されました!」という今考えると盛り上げるためありえない(ジョンレノンが官憲に追い返される理由がない。)MCが叫ばれたことだけ強く覚えている。あれから40年の時を過ぎ当時の演奏はほとんど覚えていない。その野外コンサートが終わった後もなぜか河川敷にあったキャンプ村に5日くらいフェスで知り合った仲間達とギターを河原で弾きながら住み着いていたクレージーな夏。名古屋の家に帰ったら、何の連絡もしないで何処に行って来たのと母親にこっぴどく叱られた。当時は携帯もメールもないので。